AppleID支払い情報画面でMissingNoneオプションを有効にする方法 - 八月 2022

AppleIDの支払い情報画面に「なし」オプションが表示されない理由はたくさんあります。理由がわかれば、AppleID支払い情報画面で「なし」オプションを有効にできるはずです。

AppleID支払い情報画面でMissingNoneオプションを有効にする

AppleID支払い情報画面にオプションがありません

Apple IDの請求および支払い情報画面に「なし」オプションがない場合、クレジットカードなしでApple IDを作成したり、AppleIDから既存のクレジットカード情報を削除したりすることはできません。



Appleは、そのWebサイトで、「なし」支払いオプションが削除されるか、AppleID支払い情報画面で使用できなくなる状況を提供しています。

  1. ファミリーシェアリングを使用している場合
  2. 未払いの残高または支払い期限があります
  3. 自動的に更新されるサービスに登録しました
  4. iTunesまたはAppStoreを初めて使用する場合
  5. 国または地域を変更しようとしています
  6. AppleIDを作成しようとしている国に住んでいません。

「なし」支払いオプションが利用できない理由を見つけたら、AppleID支払い情報画面で不足しているなしオプションを有効にするのが簡単になります。

1.家族の共有を無効にする

Apple ID支払い情報画面で「なし」オプションが使用できない最も一般的な理由は、iPhoneでファミリーシェアリングが有効になっているか、iPhoneがアップルのファミリーシェアリングプログラムの一部であるためです。

「なし」オプションにアクセスする場合は、以下の手順に従って、iPhoneまたはiPadでファミリー共有を無効にする必要があります。

1.1。 開いた設定あなたのiPhoneであなたのをタップします名前

iPhone設定画面のAppleID

二。 次の画面で、をタップします家族の共有

iPhoneの家族共有オプション

3.3。 家族共有画面で、名前

iPhoneの家族共有画面での家族の名前

四。 次の画面で、をタップします家族の共有を停止します。

iPhoneで家族共有オプションを停止する

注意: 主催者の場合は「家族の共有を停止」が表示され、メンバーの場合は「家族の共有を終了」オプションが表示されます。

2.未払いの残高と保留中の支払いを確認します

未払いの残高がある場合、またはApple Serviceの支払い期限が切れている場合、「なし」の支払いオプションは表示されません。

したがって、購入履歴を見て、アカウントに未払いの残高があるかどうかを確認してください。未払いの残高がクリアされると、「なし」の支払いオプションを選択できるようになります。

1.1。 開いた設定iPhoneまたはiPadで、名前

iPhone設定画面のAppleID

二。 次の画面で、をタップしますiTunes&App Store

iPhone設定画面のiTunes&AppStoreオプション

3.3。 Apple ID&App Store画面で、をタップしますApple ID

iPhoneのAppleID設定オプション

四。 表示されるポップアップで、をタップしますAppleIDを表示するオプション。

iPhoneでAppleIDオプションを表示する

5.5。 プロンプトが表示されたら、AppleIDを入力しますパスワード次の画面で、をタップします購入履歴

iPhoneでの購入履歴オプション

6.6。 次の画面で、未払いの会費があるかどうかを確認できます。

注意: ファミリーシェアリングの場合、他のファミリーメンバーが何を購入したかを確認することはできません。

3.サブスクリプションをキャンセルします

Apple MusicなどのAppleサービスのサブスクリプション、またはNetflix、Spotifyなどのコンテンツサービスのアプリ内サブスクリプションをお持ちの場合、「なし」の支払いオプションにアクセスすることはできません。

サブスクリプションをキャンセルした場合にのみ、「なし」オプションを選択できます。

1.1。 開いた設定>あなたのをタップします名前>>iTunes&App Store>あなたのをタップしますApple ID>>AppleIDを表示する

iPhoneでAppleIDオプションを表示する

二。 プロンプトが表示されたら、AppleIDを入力しますパスワード。次に、をタップしますサブスクリプション>>サブスクリプションをキャンセルします。

iPhoneのサブスクリプションオプションをキャンセルする

4. AppStoreまたはiTunesを初めて使用する

App Storeを初めて使用する場合は、「なし」の支払いオプションは見つかりません。

App StoreとiTunesには有料のアプリとサービスが含まれているため、Appleは有料のアプリとサービスを購入できるようにするために、クレジットカード情報を提供するように求めます。

Apple IDを作成すると、支払い情報を「なし」に変更できるようになります。この点で、あなたは読むことに興味があるかもしれません: クレジットカードなしでAppleIDを作成する方法

5.国または地域を変更しようとしています

Apple IDで国または地域を変更しようとすると、支払い方法を提供し、請求情報を更新する必要があります。

国または地域を変更した後、「なし」オプションを選択して、支払い方法を削除することができます。

6. AppleIDを作成している国に居住していない

初めてAppleIDを作成する場合で、Apple IDを作成する地域または国に物理的に居住していない場合は、支払い方法を入力する必要があります。

たとえば、米国にお住まいで、ドバイの請求先住所でApple IDを作成しようとしている場合、お支払い方法として「なし」を選択することはできません。

この点で、あなたは読むことに興味があるかもしれません: クレジットカードなしでAppStoreの国を変更する方法

関連