iPhoneでグレー表示された自動ロックを修正する方法 - 六月 2022

iPhoneの自動ロック設定が動かなくなったり、グレー表示されたりすると、次のことができなくなります。 自動ロックを無効にする または、自動ロックの期間を長くします。 iPhoneでの自動ロックグレーアウトの問題を修正する手順を以下に示します。

iPhoneでグレーアウトされた自動ロック

iPhoneでグレーアウトされた自動ロック

iPhoneで自動ロックオプションが30秒でロックされる最も一般的な理由は、デバイスで低電力モードが有効になっているためです。



以来、低電力モードは iPhoneのバッテリー寿命を延ばす 、デバイスの自動ロック設定を可能な限り低い値(30秒)にロックしたままにします。

iPhoneで低電力モードを有効にすると、元の自動ロック設定が無効になり、デバイスは30秒で自動ロックに設定されます。これは、iPhoneを「自動ロックしない」に設定した場合でも発生します。

残念ながら、「低電力モード」を実行する方法と、iPhoneを「自動ロックしない」に設定する方法、または自動ロック時間を1〜5分に増やす方法はありません。

したがって、自動ロック期間を延長したり、デバイスを自動ロックしないように設定したりする前に、まずデバイスの低電力モードを無効にする必要があります。

iPhoneの自動ロックグレーアウトを修正

以下の手順に従って、iPhoneまたはiPadで自動ロックオプションがグレー表示される問題を修正します。

1.1。 開いた設定iPhoneで、下にスクロールしてタップします電池

iPhoneのバッテリー設定オプション

二。 次の画面で、切り替えますオフのオプション低電力モード

iPhoneで低電力モードを無効にする

3.3。 次に、メインの設定画面に戻り、をタップしますディスプレイと明るさ

iPhoneのディスプレイと明るさのオプション

四。 次の画面で、をタップしますオートロック

iPhoneの自動ロックオプション

5.5。 自動ロック画面で、より長い自動ロック期間(1〜5分)を選択するか、自動ロックしないオプション。

iPhoneの自動ロック設定オプション

うまくいけば、上記の手順でデバイスの自動ロックの問題が解決するはずです。

関連