ChromeでErr_Connection_Abortedエラーを修正する方法 - 六月 2022

ウェブページを開こうとしているときにChromeブラウザでErr_Connection_Abortedエラーを処理している場合は、Windowsコンピュータでこの問題を修正する手順を以下に示します。

Chromeブラウザのエラー接続中止エラーを修正

ChromeブラウザでのErr_Connection_Abortedエラー

Chromeでの接続中止エラーは、ERR_CONNECTION_ABORTEDエラーコードと「このサイトにアクセスできません。ウェブページが一時的にダウンしているか、新しいウェブアドレスに恒久的に移動した可能性があります。



エラーメッセージを見ると、ウェブサイトがホストされているサーバーが利用できないか、問題が発生しているようです。

ただし、別のデバイスでWebサイトにアクセスできる場合は、アクセスしようとしているWebサイトがSSLv3プロトコルのサポートを停止し(安全性が低い)、最低限のTSL1.0セキュリティが必要である可能性があります。

場合によっては、Err_Connection_Abortedエラーは、ブラウザー拡張機能とWindowsファイアウォールがWebサイトへのアクセスをブロックしていることが原因である可能性もあります。

1.ChromeブラウザでSSLv3を無効にします

この問題の最も一般的な理由は、WebサイトがSSLV3プロトコルを許可していないことが原因であるため、WebブラウザーでSSLV3を無効にし、ChromeブラウザーでTLS1.0プロトコルを使用するように強制する必要があります。

Googleを右クリックしますChromeアイコンシステムトレイで選択しますプロパティ

Chromeブラウザのプロパティを開く

[ターゲット]フィールドで、「chrome.exe」の後にスペースを追加し、「–ssl-version-min = tls1

ChromeブラウザでTLS1最小を有効にする

クリックOKこの変更を確認します。

SSLv3を無効にした後、電源をオフにしますモデム/ルーター、60秒待ってから電源を入れ直しますオン再び。

2.システムファイルを確認します

問題は、破損したシステムファイルが原因で発生する場合があります。この問題を除外するには、を右クリックします。スタートボタンをクリックしますコマンドプロンプト(管理者)

Windows 10でコマンドプロンプト(管理者)を開く

[コマンドプロンプト]ウィンドウで、次のように入力しますsfc / scannowエンターキーを押します

sfc / scannowコマンドを実行します

Windowsがコンピューターをスキャンしてエラーがないか待機し、このプロセスが完了したらコンピューターを再起動します。

3.Chromeブラウザをリセットします

ChromeブラウザのErr_Connection_Abortedエラーは、ブラウザの設定の変更によっても発生する可能性があります。この問題を修正するには、Chromeブラウザをデフォルト設定にリセットして、問題が解決するかどうかを確認します。

3ドットのChromeをクリックしますメニューアイコンをクリックします設定ドロップダウンメニューで。

GoogleChromeブラウザで設定を開く
[設定]画面で、ページの一番下までスクロールして、をクリックします。高度な

Chromeブラウザの詳細オプション
もう一度下にスクロールして、をクリックします設定をリセット

Chromeブラウザの設定オプションをリセット

表示されるポップアップで、をクリックします。リセットボタン。

Chromeブラウザの設定をリセットする

注意: リセットしても、ブックマーク、パスワード、閲覧履歴はク​​リアされません。

4.KB2992611アップデートをアンインストールします

コンピューターをWindowsVistaまたはWindows8.1からWindows10にアップグレードした場合は、コンピューターからKB2992611更新プログラムを削除することで問題を修正できます。

クリックしてくださいスタートボタン>>設定アイコン>>アップデートとセキュリティ

Windows設定画面のアップデートとセキュリティオプション

次の画面で、をクリックしますWindowsUpdate左側のペインで、をクリックしますインストールされた更新履歴を表示する右ペインにあります。

Windowsにインストールされている更新履歴オプションを表示する

次に、をクリックしますアップデートのアンインストールリンク。

Windows設定画面のアップデートオプションのアンインストール

次の画面で、見つけることができるかどうかを確認しますKB2992611更新してアンインストールこのアップデート。

5.ウイルス対策プログラムを一時的に無効にする

ウイルス対策保護を無効にすると、コンピューターがマルウェアプログラムにさらされる可能性があります。したがって、アクセスしようとしているWebサイトが信頼できるWebサイトであることが確実な場合にのみ、この方法を試してください。

ウイルス対策保護を無効にする方法は、コンピューターで使用しているサードパーティのウイルス対策プログラムによって異なります。

ノートンアンチウイルスの場合は、アンチウイルスを右クリックしますプログラムアイコンシステムトレイで、をクリックします自動保護を無効にするオプション。

ノートンアンチウイルスプログラムで自動保護オプションを無効にする

次の画面で、期間コンピュータでアンチウイルスプログラムを無効にしたいところまで、をクリックしますOK

WindowsPCで自動保護を無効にする

注意: コンピュータでアンチウイルスプログラムを無効にするために、最短の時間(15分)を選択していることを確認してください。

ウイルス対策プログラムを無効にした後、Webページを開いて、ChromeブラウザでERR_Connection_Abortedエラーが引き続き発生するかどうかを確認してください。

関連