コンピュータでOutlookを自動的に起動する方法 - 八月 2022

電子メールを管理することが重要な場合は、ログインするとすぐにOutlookを開くようにコンピューターを設定できます。 Outlookをコンピュータで自動的に起動する手順を以下に示します。

Outlookをコンピューターで自動的に起動する

コンピュータでOutlookを自動的に起動する

コンピューターで最初に行うことが電子メールの確認である場合は、Outlookをコンピューターで自動的に起動させると便利です。



これは、Outlookプログラムのショートカットをコンピューターのスタートアップフォルダーに追加することで簡単に実現できます。

同様に、電子メールをチェックした後に次に行うことが特定のMicrosoft Officeファイルを開くことである場合は、次のこともできます。 このファイルをスタートアップに追加する フォルダ。

それでは、先に進んで、Outlookをコンピューターで自動的に起動する手順を見てみましょう。

Outlookをコンピューターで自動的に起動する手順

以下の手順に従って、MicrosoftOutlookプログラムをコンピューターで自動的に起動します。

1.1。 を右クリックします開始ボタンをクリックしてクリックします実行

実行コマンドを開く

注意: を押して実行コマンドを開くこともできます勝つ+Rキー。

二。 [コマンドの実行]ウィンドウで、次のように入力しますshell:startupをクリックしますOKコンピュータでスタートアップフォルダを開きます。

実行コマンドを使用してスタートアップフォルダを開く

3.3。 次に、開きます実行もう一度コマンド>タイプshell:appsfolderをクリックしますOKコンピューターで最新のAppsフォルダーを開きます。

実行コマンドを使用してアプリフォルダーを開く

四。 アプリフォルダで、見通しにドラッグしますスタートアップフォルダ

OutlookをWindowsスタートアップフォルダに追加する

これ以降、コンピュータの電源を入れると、Outlookプログラムがコンピュータと一緒に自動的に起動します。

Outlookがコンピュータで自動的に起動しないようにする

Outlookを自動的に起動したくない場合、またはそれを感じた場合 見通し コンピュータの起動時間が遅くなっている場合は、Outlookが自動的に起動しないようにすることができます。

1.1。 開いた実行コマンド>タイプshell:startupをクリックしますOKコンピュータでスタートアップフォルダを開きます。

実行コマンドを使用してスタートアップフォルダを開く

二。 スタートアップフォルダで、を右クリックします見通しをクリックします削除スタートアップフォルダからプログラムを削除します。

WindowsスタートアップフォルダからOutlookを削除する

この後、Outlookがコンピュータで自動的に起動することはなくなります

注意: スタートアップフォルダに追加するアプリとプログラムが多すぎると、コンピュータの速度が低下する可能性があります

関連
  • OutlookでGmailを設定して使用する方法
  • Outlookで完全に削除された電子メールを回復する方法