iPhoneの画面が自動的にオフになるのを防ぐ方法 - 六月 2022

使用中にiPhoneがスリープモードに入る速さに悩まされている場合は、iPhoneまたはiPadの画面が自動的にオフになるのを簡単に停止したり、自動シャットオフ時間を長くしたりできます。

iPhoneの画面が自動的にオフにならないようにする

iPhone画面の自動ロック機能

デフォルトでは、iPhoneまたはiPadは、一定期間操作がないと、電源を切るか、スリープモードに入るように設定されています。



この設定は、 バッテリー寿命を節約する また、デバイスを放置した場合に、デバイスへの不正アクセスの可能性を減らします。

お気づきのとおり、iPhoneは、映画やミュージックビデオの視聴などのアクティビティを実行しているときはいつでも、スリープモードを自動的に無効にするのに十分なほどスマートです。

ただし、他のほとんどのアクティビティでは、iPhoneのデフォルトの自動ロック設定は1分です。これが、iPhoneが自動的にオフになる理由です。

このデフォルトの動作は非常に煩わしい場合があり、多くのユーザーはiPhone画面が自動的にオフになるのを防ぐ方法を探しています。

1.iPhone画面が自動的にオフになるのを停止します

以下の手順に従って、iPhone画面が自動的にオフにならないようにします。これにより、デバイスを中断することなく使用し続けることができます。

1.1。 開いた設定あなたのiPhoneで。

二。 [設定]画面で、下にスクロールしてタップしますディスプレイと明るさ

iPhoneのディスプレイと明るさの設定オプション

3.3。 ディスプレイと明るさの画面で、をタップしますオートロック

iPhoneの自動ロック設定オプション

四。 次の画面で、決してオプション。

iPhoneの自動ロックオプション

これにより、iPhoneの画面が自動的にオフになるのを完全に防ぐことができます。

注意: 自動ロック設定を「しない」のままにしておくと、iPhoneを放置した場合に、iPhoneが不正に使用される可能性が高くなります。

2.iPhoneの自動ロック期間を長くする

自動ロック機能を完全にオフにする代わりに、iPhone画面が自動的にオフになるまでの時間を長くすることができます。

1.1。 に移動設定>>ディスプレイと明るさ>>オートロック>次の画面で、をタップします分。

この後、2分間操作がないと、iPhoneがスリープモードになります。

これだけでは不十分な場合は、自動ロック期間を3、4、または5分に増やすことができます。

関連