コンピュータでiTunesが自動的に開くのを停止する方法 - 八月 2022

iPhoneやiPadをコンピュータに接続するたびに、iTunesが起動するのは面倒です。コンピュータでiTunesが自動的に開くのを停止する手順を以下に示します。

コンピュータでiTunesが自動的に開くのを停止する

コンピュータでiTunesが自動的に開くのを停止する

iTunesのデフォルト設定では、Appleデバイスがコンピュータに接続されていることを検出すると、WindowsコンピュータまたはMacで自動的に起動します。



この機能は便利な場合もありますが、ほとんどの場合、デバイスの充電のみを目的としている場合は煩わしい場合があります。

幸い、iTunesの自動同期オプションを無効にすることで、コンピュータでiTunesが自動的に開かないようにすることができます。

1.コンピュータでiTunesが自動的に開かないようにする

iPhoneまたはiPadがWindowsコンピュータまたはMacに接続されている場合は常に、以下の手順に従ってiTunesが自動的に開かないようにします。

1.1。 接続するiPhone付属のLightningtoUSBケーブルを使用してコンピュータに接続します。

二。 予想通り、あなたは見るでしょうiTunesコンピュータで自動的に開きます。

3.3。 iTunesで、をクリックします。iPhoneアイコンiTunesのトップメニューバーのすぐ下に表示されます。

iTunesのiPhoneアイコン

四。 次に、をクリックします概要左ペインのタブ。右ペインで、[オプション]セクションまで下にスクロールし、チェックを外しますこのiPhoneが接続されると自動的に同期しますオプション。

iTunesへのiPhone自動同期を無効にする

自動同期オプションのチェックを外すと、iPhoneが自動的にiTunesに同期されなくなり、iPhoneが充電のためにコンピュータに接続されているときはいつでも、iTunesが自動的に開くことはなくなります。

2. [設定]タブを使用してiTunesが自動的に開くのを停止します

iTunesがコンピュータで自動的に開かないようにするもう1つの方法は、iTunesの[デバイス設定]に移動することです。

1.1。 接続するiPhoneまたはiPadからコンピューター付属のLighting-to-USBケーブルを使用します。

二。 あなたが見るでしょうiTunesiPhoneをコンピュータに接続するとすぐに自動的に開きます。

3.3。 iTunesで、をクリックします編集トップメニューバーのタブをクリックし、をクリックします環境設定ドロップダウンメニューで。

iTunesで設定を編集する

四。 [デバイス設定]画面で、をクリックします。デバイスタブとチェックiPod、iPhone、iPadが自動的に同期しないようにするオプション。

iTunesが自動的に同期しないようにする

5.5。 クリックOKこの設定をiTunesに保存します。

これにより、充電やその他のiTunesに関連しないタスクのためにiPhoneまたはiPadを接続するたびに、iTunesがコンピュータで自動的に開かないようになります。

iTunesで何かをする必要がある場合は、コンピュータのiTunesショートカットをクリックしていつでもiTunesを起動できます。

関連
  • WindowsコンピュータでiTunesエラーコード-54を修正する方法
  • Windows10用のiTunesにiPhoneが表示されない問題を修正する方法