Macが自動的にスリープしないようにする方法 - 六月 2022

Macのスリープモードへの移行が速すぎると感じた場合は、Macのスリープタイマーを増やすか、Macをスリープモードに移行しないように設定することで、Macが自動的にスリープ状態にならないようにすることができます。

Macが自動的にスリープしないようにする

Macがスリープモードに入らないようにする

デフォルトでは、すべてのMacコンピュータは、一定期間操作がないと自動的にスリープモードになります。 Macのこの機能は、Macから離れているときに電力を節約し、不正アクセスを防ぐように設計されています。



通常、Macが自動的にスリープモードに入るまでの非アクティブ期間は、バッテリーを使用しているときは2分、Macが直接電源に接続されているときは10分です。

省電力の自動スリープ機能は、Macで映画やビデオを見ている間はオフになり、Webサイトで興味深い記事を読んだり読んだりしている間はオフになりません。

これは、特に何かを読んでいる最中にMacのディスプレイがオフになり、スリープモードに入るときに、非常に煩わしいものになる可能性があります。

Macが自動的にスリープしないようにする

Macが無人のままになっているときはいつでも、Macが自動的にスリープしないようにするには、以下の手順に従ってください。

1.1。 クリックしてくださいアップルアイコンMacのトップメニューバーから、をクリックします。システム環境設定ドロップダウンメニューのオプション。

Macの[システム環境設定]タブ

二。 [システム環境設定]画面で、をクリックしますエネルギーセーバー。

Macのシステム環境設定画面の省エネオプション

3.3。 省エネ画面で、をクリックします電源アダプタタブを押してから、「スライダーを「」の横に移動します 後にディスプレイをオフにする」 右端まで決して位置(下の画像を参照)。

電源アダプタに接続しているときは、Macディスプレイをスリープ状態にしないでください

四。 次に、をクリックします電池タブを押して、「 後に表示をオフにします 」から決して位置(下の画像を参照)

バッテリーを使用しているときは、Macディスプレイをスリープ状態にしないでください

注意: 「しない」を選択してMacをスリープ状態にしないのではなく、スライダーを15分または30分に動かして、Macを長時間スリープ状態にしないようにすることをお勧めします。

このようにして、Macを長時間放置した場合に備えて、Macがバッテリーを消耗するのを防ぐことができます。

関連