iPhoneでiMessageとFaceTimeにサインインできません - 六月 2022

iPhoneでiMessageとFaceTimeにサインインできない場合は、この問題を解決するためのさまざまな方法を以下に示します。

iPhoneでiMessageとFaceTimeにサインインできません

iMessageとFaceTimeにサインインできません

AppleのiMessageサービスにより、ユーザーが明確な理由なしにiMessageとFaceTimeにサインインできない場合があります。



iMessageとFaceTimeにサインインできないという問題は、iMessageの設定が正しくないことから、iMessageサービスの問題まで、さまざまな理由で発生する可能性があります。

通常、エラーメッセージが表示されます。 iMessageサーバーに接続できません または アクティベーション中にエラーが発生しました

ほとんどの場合、この問題は、以下のいずれかの方法を使用して修正できます。

これらの方法のいずれも機能しない場合は、次のいずれかを行うことができます 新しいAppleIDを作成する または、Appleサポートに連絡して、Apple IDがブロックされているか、特別なステータスになっているのかを確認してください。

1.日付と時刻の設定を確認します

iMessageとFaceTimeの問題に対して最も一般的に推奨される解決策は、iPhoneが日付と時刻を自動的に設定できることを確認することです。

1.1。 に移動設定>>一般>タップ日付時刻

iPhoneの日付と時刻の設定オプション

二。 日付と時刻の画面で、無効にします自動設定iPhoneの[タイムゾーン]セクションに正しい日付と時刻が表示されていることを確認してください。

iPhoneの日付と時刻

3.3。 必要に応じて、をタップしますタイムゾーン次の画面で正しいタイムゾーンを選択します。

この後、iMessageまたはFaceTimeにサインインできるかどうかを確認します。

2.送信/受信オプションを確認します

iMessageはAppleIDを利用してiMessageを送受信します。したがって、AppleIDが「iMessageで到達できる」セクションにリストされていることを確認してください。

1.1。 に移動設定>>メッセージ>下にスクロールしてタップします送受信

iPhoneでのメッセージの送受信オプション

二。 次の画面で、Apple IDメールアドレスは「iMessageで連絡できます」セクションに記載されています。

あなたはiPhoneの電子メールアドレスでiMessageによって到達することができます

3.iTunesおよびAppStoreへのサインアウトとサインイン

iPhoneでiTunesとAppStoreにサインインしている場合は、App Storeからサインアウトして、再度サインインしてください。

1.1。 開いた設定>下にスクロールしてタップしますiTunes&AppStore。

iPhoneのiTunesとAppStoreタブ

二。 次の画面で、Apple ID

iTunesおよびAppStore設定画面のAppleID

3.3。 ポップアップで、をタップしますサインアウトオプション。

四。 を長押しします[スライドして電源を切る]オプションが表示されるまで、ボタンをクリックします。順番オフスライダーを右に動かしてiPhoneを動かします。

iPhoneの電源オフオプションにスライドします

5.5。 iPhoneの電源を切った後、60秒間待ってから、を押してiPhoneを再起動します。電源スイッチ

iPhoneが再起動したら、iMessageとFaceTimeにサインインできるかどうかを確認します。

4. AppleIDからサインアウトします

iMessageでAppleIDの識別に問題がある可能性があります。したがって、iPhoneでApple IDからログアウトしてから、再度ログインしてみてください。

1.1。 開いた設定をタップしますApple ID名前。

iPhone設定画面のAppleID

二。 次の画面で、下にスクロールしてタップしますサインアウト

iPhoneでAppleIDからサインアウトする

3.3。 を長押しします電源スイッチ、電源オフ画面へのスライドが表示されるまで。移動しますスライダー右に、iPhoneの電源を切ります。

iPhoneの電源オフオプションにスライドします

四。 iPhoneを再起動し、を使用してiPhoneに再度サインインします。Apple IDそしてパスコード

iPhoneでAppleIDにサインインする

ここで、iMessageとFaceTimeにサインインできるかどうかを確認してください。

5.ネットワーク設定をリセットします

iPhoneにサインインできないという問題は、iPhoneのネットワーク設定に関連している可能性があります。

1.1。 に移動設定>>一般>一番下までスクロールして、をタップしますリセット

iPhone設定画面のリセットオプション

二。 次の画面で、をタップしますネットワーク設定をリセットするオプション。

iPhoneでネットワーク設定をリセットする

3.3。 iPhoneが再起動したら、設定>>Wi-Fi>あなたのWiFiネットワーク

iPhoneでWiFiネットワークに参加する

四。 プロンプトが表示されたら、WiFiネットワークに入りますパスワードWiFiネットワークに参加します。

iPhoneがWiFiに接続されたら、iPhoneでiMessageとFaceTimeにサインインしてみてください。

6.ソフトウェアアップデートを確認します

iPhoneで最新バージョンのiOSソフトウェアを使用していることを確認してください。

1.1。 に移動設定>>一般>タップソフトウェアの更新

iPhoneのソフトウェアアップデートオプション

二。 次の画面で、アップデートが利用可能かどうかを確認します。アップデートが利用可能な場合は、をタップしますダウンロードiPhoneにアップデートをインストールするオプション。

7. GoogleDNSに切り替えます

インターネットプロバイダーのDNSが混雑していて混雑しているために、Appleサーバーに接続できない可能性があります。

Googleの無料のDNSサービスを試してみて、これがiMessageとFaceTimeにログインできないという問題の修正に役立つかどうかを確認できます。

この記事で、iPhoneをGoogleDNSに切り替える手順を見つけることができます。 iPhoneとiPadでGoogleDNSを使用する方法

8.Appleサポートに連絡する

Apple IDがiMessageの使用をブロックされているか、特別な保護カテゴリに分類されている可能性があります。

この場合、iPhoneにAppleサポートに連絡するように求めるプロンプトが表示されるか、Appleでサポートリクエストを開始できます。

すべての設定をリセット

上記の方法が機能しない場合は、次のことを試すことができます iPhoneを出荷時設定にリセット iPhoneを新しいデバイスとしてセットアップします。

あなたも好きかも